ウクライナへの大規模ミサイル攻撃 防空システムが50弾強中44弾を撃墜

ウクライナへの大規模ミサイル攻撃 防空システムが50弾強中44弾を撃墜

ウクルインフォルム
31日朝のロシア軍による大規模なミサイル攻撃の際、発射された50弾以上の巡航ミサイルの内44弾はウクライナの防空システムが撃墜した。

ウクライナ空軍がテレグラム・チャンネルにて報告した

発表には、「10月31日7時、ロシア占領軍は、ウクライナの重要インフラ施設に向けて複数の波状ミサイル攻撃を行った」と書かれている。

今回の攻撃は、カスピ海北方と露ロストフ州ヴォルゴドンスク方面から、戦略爆撃機Tu-95、戦略爆撃機Tu-160により50弾以上の巡航ミサイルKh-101/Kh-555が発射されたものだという。

その内、44弾の巡航ミサイルは、各地の空軍司令部管轄区で撃墜されたとあり、撃墜内訳は、中央司令部18弾、南部司令部12弾、東部司令部9弾、西部司令部5弾だと発表された。

これに先立ち、31日朝、ロシア軍は、ウクライナ各地へとミサイル攻撃を行った。複数地域の重要インフラへの着弾が報告されている。

写真:ウクライナ国防省


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-