ウクライナ、電力輸出を停止へ 国内供給安定化のため

ウクライナ、電力輸出を停止へ 国内供給安定化のため

ウクルインフォルム
ウクライナは、国内の電力システムの安定化のために、10月11日から電力輸出を停止する。

10日、エネルギー・石炭産業省がフェイスブック・アカウントで発表した

発表には、「今日の火力発電所や変電所を襲ったミサイル攻撃により、ウクライナは、国内電力システム安定化のために、2022年10月11日から電力輸出を停止せねばならない」と書かれている。

同省はまた、ロシアはウクライナに対してエネルギーテロを続けており、同時に欧州連合(EU)に対するエネルギー圧力を強めていると指摘した。

発表にて、ハルシチェンコ・エネルギー・石炭産業相は、「さらにウクライナからの電力輸入は欧州がロシアのエネルギー消費を減らすのに役立っていたと説明した。だからこそ、ロシアは、私たちの電力システムを破壊し、ウクライナからの電力輸出の機会を潰しているのだ」と発言した。

なお、10日、ロシア軍はウクライナ各地に大規模なミサイル攻撃を行った。キーウ、フメリニツィキー、リヴィウ、ジトーミル、ドニプロ、ハルキウ、クリヴィー・リフなどの自治体が攻撃を受けており、インフラ施設が破壊された他、民間人が11名死亡、89名負傷したことが判明している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-