米国はウクライナ軍がクリミアで西側の武器を使うことに反対していない=米ポリティコ

米国はウクライナ軍がクリミアで西側の武器を使うことに反対していない=米ポリティコ

ウクルインフォルム
米政治ニュースサイト「ポリティコ」は、バイデン米政権はウクライナ軍が西側の武器を使って一時的被占領下クリミアにてロシアの施設を攻撃することに反対していないと報じた。

17日、ポリティコが匿名の米政権関係者の発言をもとに報じた

同関係者は、「もちろん、私たちはターゲットを選別しないし、私たちが提供してきた物は全て自衛目的の物だ。彼らがウクライナ主権領土にて追求するために選んだターゲットはいかなるものも定義上、自衛となる」と発言した。

ポリティコはまた、ウクライナはロシア領内への攻撃のために米国の武器を使うことはできないと報じている。この文脈で、ポリティコが同関係者に対して、米政権はクリミアをウクライナ領だとみなしているかと質問すると、同人物は「クリミアはウクライナである」と返答した。

また、同記事では、トランプ政権下のヴォルカー元米国務省ウクライナ問題特別代表による「ロシア軍はそこにいる必要はないし、クリミアのロシア戦力に対する攻撃はキーウ周辺、ヘルソン、ウクライナ東部の彼らに対する攻撃と全く違いはない」とする発言を伝えている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-