ロシア軍、制圧したマリウポリの住民の軍動員を継続

ロシア軍、制圧したマリウポリの住民の軍動員を継続

ウクルインフォルム
一時的にロシア軍の制圧下に入っているウクライナ東部マリウポリでは、住民に対する軍への秘密動員が継続しているという。その際、ロシア側は、住民に仕事があると提案しつつ、実際にはロシア武装集団「DPR」へと入れて、前線に送るのだという。

15日、マリウポリ市議会がテレグラム・チャンネルで地元住民から得たとする情報を伝えた

市議会は、「マリウポリでは、秘密動員が続いている。住民たちにはSMSが届き、いわゆる『国家準軍発掘救助局』なるところでの仕事が提案されている」とし、住民はドネツィク、ホルリウカ、マキーウカといった町で運転手や機械士として働くことが提案されると伝えた。

市議会は、しかし「実際には、秘密動員が行われているのだ。人々は、集められ、前線に送られている。ドネツィク市で行われていたのと同じである。そのようにして、ロシア人は、自分たちの地点を守るために、一般のマリウポリ市民を砲弾の餌食に利用したがっているのだ」と伝えた。

その上で、市議会は、マリウポリ市民には、ロシア侵略者のそのような提案に乗らないよう、町を出て命を危険にさらすことのないように呼びかけた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-