ロシアはウクライナ占領地でのいわゆる「住民投票」の実施日を延期=米戦争研究所

ロシアはウクライナ占領地でのいわゆる「住民投票」の実施日を延期=米戦争研究所

ウクルインフォルム
米戦争研究所(ISW)は、ロシア占領政権が、占領しているウクライナ領の「併合」のために予定していたいわゆる「住民投票」の実施日を、おそらく延期したと指摘した。

8月10日のISWの報告書に書かれている

ISWは、ロシア占領政権が9月11日という偽住民投票開催日に言及しなくなっていると指摘し、延期後の日程については現時点で判明していないと伝えている。同時に、占領政権は、偽住民投票を「オンライン投票」や自宅訪問型「世論調査」のような形で、いつでも実施できるように準備しているという。

また、ISWは、「強制的国籍付与(パスポータイゼーション)、露ルーブル導入、選別(フィルタレーション)、その他の『統合』方策が、ロシアの占領した地域ですでに実施されており、それらの方が、ウクライナにとっては『住民投票』よりもはるかに有害である」と指摘している。

同時に、「併合」が行われれば、この戦争を、ウクライナや西側諸国が受け入れ得るどんな条件の下でも、協議で解決することは困難となるとのであり、それはクレムリンに、ウクライナの降伏なしにこの戦争を終結させる意図がないことを示すものだとの見方が示されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-