26日朝、ウクライナ南部へのロシア軍攻撃相次ぐ=各地情勢

26日朝、ウクライナ南部へのロシア軍攻撃相次ぐ=各地情勢

写真・動画
ウクルインフォルム
ウクライナ南部オデーサ州では26日朝、ロシア軍の戦略爆撃機を用いたミサイル攻撃が行われた。

ブラッチューク・オデーサ州行政府長官顧問がテレグラム・チャンネルにて伝えた

ブラッチューク氏は、「ミサイル攻撃が戦略爆撃機を用いて実施された」と伝えた。

ゼレンシキー宇大統領は、インスタグラム・アカウントにて、同ミサイル攻撃はオデーサ州ザトーカに対して行われたものだと報告した。

ゼレンシキー氏は、「朝、普通の村ザトーカでは、人々は、のんびり暮らしていた。普通に生活していたのだ。基地も、軍隊もない。ロシア連邦のテロリストたちは、ただ攻撃したかったのだ」と書き込んだ。

また同氏は、ロシア侵略者は全員ウクライナに対する戦争の責任を負うとし、「一人一人だ。私たちの生活を破壊する自称『解放者』皆だ」と強調した。

また、南部ミコライウでは、シェンケーヴィチ市長が、テレグラム・チャンネルにて、26日朝のロシア軍の攻撃により、暖房設備が破壊されたと報告した

シェンケーヴィチ氏は、「今日の砲撃の際、市の暖房施設の一つが被害を受けた。着弾により、建物の一部が破壊された」と伝えた。

同氏はまた、関連企業が被害を評価し、冬季の暖房シーズンに向けた準備を行うと伝えた。

その他、キム・ミコライウ州軍行政府長官も、ツイッター・アカウントで同日朝のミコライウ州への攻撃を報告している。

その他、各地軍行政府の26日8時時点の情報にもとづく報告書の概要は以下のとおり。

チェルニヒウ州(北部):夜間敵は迫撃砲でノウホロド=シヴェルシキー地区の村の付近を砲撃。犠牲者・破壊なし。24時間で9回砲撃あり。

スーミ州(北部):夜間、敵は迫撃砲でセルデォノ=ブド共同体を砲撃。5発着弾。犠牲者・破壊なし。

ドニプロペトロウシク州(南部):敵は再びクリヴィー・リフ地区とニコポリ地区を砲撃。

ハルキウ州(東部):ロシア軍は、ハルキウ市の民間インフラを攻撃。また、同州チュフイウを再び攻撃し、重要インフラに着弾あり。救助隊は、昨日の文化会館の破壊の被害を片付けている。地下にはまだ人が残っている。ツルキニ共同体、バラクリヤ共同体は、敵攻撃にて送ガス菅が損傷。

ルハンシク州(東部):ロシア軍は、多連装ロケットシステムと榴弾砲で、自治体を砲撃。航空機の使用もあり。最近、ロシア占領政権は、制圧した領土で活発にいわゆる「住民投票」の準備をしている。ルハンシク市では、「住民投票市民本部受付」が開設された。

写真:ルハンシク州軍行政府(フェイスブック)

ドネツィク州(東部):ロシア軍は、バフムート、ソレダール、クラスノホリウカ、マルインカ、アウジーウカ、トレツィクを榴弾砲、迫撃砲、多連装ロケットシステム「グラート」、航空機、ミサイルで攻撃。また、トネンケ村、ネタイロヴェ村、ヘオフリーウカ村、ヴェリカ・ノヴォシルカ町にも被害が出た。夜間と朝、ロシア軍は、トレツィクをミサイルで攻撃し、チェルカーシ共同体へとクラスター弾で砲撃。民間住宅が3軒損傷。アウジーウカの旧市街へ迫撃砲砲撃あり。過去24時間で、民間人3名死亡、8名負傷。

ミコライウ州(南部):ミコライウに対して大規模なミサイル攻撃あり。暫定情報では、着弾と破片により、重要インフラ施設と自動車輸送企業に被害が出た。暫定情報では、犠牲者なし。また、同市周辺にもミサイル着弾あり。さらに、市の港インフラ破壊の試みあり。朝、オリシャンシケ共同体のインフラ施設が砲撃された。犠牲者なし。昨晩から今朝にかけて、ノヴォミコライウカ、シローケ、チェルヴォナ・ドリーナへ砲撃あり。犠牲者なし。ベレズネフヴァテ共同体のコンタクト・ライン沿いの村が恒常的な砲撃を受けている。昨晩マリーウカへの砲撃で民間住宅が破壊された。犠牲者情報なし。

ヘルソン州(南部):ベリスラウ地区とカホウカ地区で戦闘継続。解放された村々にて厳しい状況が続く。村によっては完全に破壊されている。カリニウ共同体、ヴェリコオレクサンドリウカ共同体の村の状況が危機的。ヘルソン州の重要問題の一つが、学業年度の開始。ロシア侵略者たちは、州全体で20校強の教育施設が開かれると発表している。

その他の地域は相対的に平穏だった。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-