ロシアはウクライナ全土を制圧する計画を断念していない=ゼレンシキー宇大統領

ロシアはウクライナ全土を制圧する計画を断念していない=ゼレンシキー宇大統領

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は、ロシア連邦は引き続きウクライナ全土の制圧とウクライナ政権首脳陣の交代を計画していると発言した。

ゼレンシキー宇大統領が米CNNへのインタビュー時に発言した

ゼレンシキー氏は、「彼ら(ロシア)は、その(編集注:キーウ制圧の)試みを断念していない。私たちは、彼らを追いやり、彼らは撤退した。しかし、全体では、その国の中、(ロシアの)軍事・政治計画の中では、彼らは私たちの国の占領を断念していないし、非常に長い年月、断念してこなかったのだ。それが彼らの計画であり、彼らは常に私たちの国家を占領してきた。まずは政治的に、それからクリミア、それからドンバス、そして今はもう全面的侵攻だ。そのため、ロシアの計画の中には、政治首脳陣の交代も入っているし、国家全体の占領も入っている。私たちは、それを絶対的に確信している」と発言した。

同氏はまた、現在国全体が困難な状況にあるが、最も困難なのは東部だと指摘した。同氏は、「彼ら(ロシア)にはより多くの火砲、多連装ロケットシステムがあり、彼らはより多くの犠牲を出している。しかし、彼らは機材も犠牲も数えない」と説明し、同時に、ウクライナは、人々を最大限守るためにあらゆる可能なことを行っていると発言した。

加えて同氏は、ウクライナは、ロシア軍に機材面、特に火砲の面でロシア軍の優位を下げるために、パートナーからの支援を必要としていると主張した。

また同氏は、南部ではウクライナ軍は状況を抑えており、いくつかの場面では反攻を行っているとも発言した。また、「言うなれば、総じて、東部の状況を安定化させねばならない」とコメントした。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-