キーウ州イルピンに住居を失った人向けの仮設住宅開設

キーウ州イルピンに住居を失った人向けの仮設住宅開設

写真
ウクルインフォルム
キーウ(キエフ)州イルピンにロシアの侵略により住居を失った人向けのテントによる仮設住宅が開設された。

11日、マルクシン・イルピン市長がテレグラム・チャンネルにて報告した

マルクシン氏は、「今日、イルピンのサナトリウム『ドゥブキ』の敷地内にて、住居を失った人々のための最初のテント街の運用が始まった。現在、テントには70の場所が作られており、サナトリウムの部屋にも120の場所が用意されている。また、診療場と食堂の活動も準備された。これまで灰色の地下で暮らさざるを得なくなっていたイルピン市民たちの内、最初の一団がすでにこの仮設住宅に入居している」と伝えた。

同氏はまた、市議会がさらなる仮設住宅の設置のための案を模索していると伝えた。また、国鉄ウクルザリズニツャ社による、寝台車の提供についても協議が行われたとし、イルピン市民のために、キーウ市内の2000のベッドの提供につき合意に至ったと報告した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-