ウクライナ大統領府、「協議参加者が毒を盛られた」報道を否定

ウクライナ大統領府、「協議参加者が毒を盛られた」報道を否定

ウクルインフォルム
ウクライナのポドリャク大統領府長官顧問(ウクライナ・ロシア和平協議参加者)は28日、協議グループ参加者は皆、通常通り活動しているとコメントした。

ポドリャク氏のコメントは、ウクライナ・ロシア和平協議参加者3名が毒を盛られたとする報道にコメントした形となる。ウクルインフォルムが伝える。

ポドリャク氏は、「協議グループ参加者は皆、今日、通常の体制で活動している。情報空間には現在多くの情報推論、様々な陰謀論、様々な情報ゲームの要素がある。そのため、もう一度繰り返す。協議グループ参加者は、今日、通常の体制で活動している」と発言した。

これに先立ち、民間調査報道団体「ベリングキャット」のメンバーが、ウクライナ・ロシア協議に参加した代表団のメンバー3人が化学兵器中毒の症状を感じた、その一人はロシアのオリガルヒ(大富豪)ロマン・アブラモヴィチだったと発表していた

さらに、中毒症状を感じたもう一人は、ウクライナ代表団に加わるルスラン・ウメロフ最高会議(国会)議員だったと報じられた

他方、ウメロフ議員は、フェイスブック・アカウントにて、同情報を否定し、自身は元気だと伝えていた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-