ボクシングのウシク、ジョシュアに判定勝ち 「この試合はウクライナに捧げる」

ボクシングのウシク、ジョシュアに判定勝ち 「この試合はウクライナに捧げる」

ウクルインフォルム
20日、プロボクシング・ヘビー級3団体(WBAスーパー、IBF、WBO)統一王者のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)は、元王者で3団体4位アンソニー・ジョシュア(英国)とサウジアラビア・ジッダにてタイトルマッチを行い、判定勝ちを収め、初防衛に成功した。

判定は、ジャッジ1人が115ー113でジョシュアを支持、2人が116ー112、115ー113でウシクを支持した。

ウシクの戦績は20戦全勝(13KO)、ジョシュアが24勝(22KO)3敗。

ウシクは勝利後、「私は、この試合を自分の国、ウクライナ軍、私の国を守る全ての人、ウクライナ全体に捧げる。これはもう歴史だ。何世代もが見ていくだろうし、特に私を強固に倒そうとしたこのラウンドはそうだ。しかし、私は耐え、闘いに打ち勝った」と発言した。

さらにウシクは、「かつて人はウクライナのことをスポーツマンのおかげで知っていた。クリチコ兄弟、(アンドリー)シェウチェンコ、ロマチェンコ…。今、私たちの国のことは、世界中が知っている。世界第2の軍から自らを守る国としてだ。そして、私たちは、とても良く耐えている」と述べた。

ウシクは、ウクライナがロシアに勝利することを確信していると述べ、世界に対して、ウクライナで起きていることを見るよう呼びかけた。「世界の人々の中には、誰のことも過小評価する者がいる。目を開いて、世界とウクライナで起きていることを見るが良い。ウクライナ人は最後まで諦めない。彼らは最後まで行き、私たちは勝利する。それにはもう少し時間が必要だ」と強調した。

またウシクは、ウクライナのことは明るい未来が待っていると述べ、「私たちの国未来。私たちは勝利し、経済的にも非常に高いレベルに登るだろう。私たちのところには多くの観光客が訪れるだろう。なぜなら、私たちの国には豊かな歴史があるからだ」と伝えた。

ウシクはまた、今後はタイソン・フューリーとのみボクシングをしたいと述べた。「フューリーは年金生活には入っていないし、彼はボクシングをしたがっている。私は今後、タイソン・フューリーとボクシングをするか、ボクシングを全くしないかだ」と発言した。

ゼレンシキー宇大統領は、今回のウシクの判定勝ちを祝うメッセージを、フェイスブック・アカウントに書き込んだ。

ゼレンシキー氏は、「苦しい、しかし大切で必要なオレクサンドル・ウシクの勝利だ! 世界王者のタイトルの防衛は、皆がコサックの末裔であり、自分の物を明け渡さず、そのために闘い、必ず勝利することのシンボルだ!」と書き込んだ。

クリミア・シンフェローポリ市出身のオレクサンドル・ウシクは、2021年9月、WBAスーパー、IBF、WBO世界ヘビー級タイトルマッチにて英国のアンソニー・ジョシュアに挑み、判定勝ちし、新たに3団体統一ヘビー級王者となっていた

また、ウシクは、2月24日のロシア軍のウクライナへの全面的侵略開始を受け、ウクライナ軍領土防衛部隊に志願していたが、3月には、ボクシングの方が領土防衛部隊にいるより国ために役立てる、と述べジョシュアとの試合に向けた練習に戻っていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-