宇南部ドニプロペトロウシク州で原発事故を想定した避難訓練実施

宇南部ドニプロペトロウシク州で原発事故を想定した避難訓練実施

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ南部ドニプロペトロウシク州にて、国家非常事態庁が、原子力発電所で事故が発生した場合を想定した住民避難の訓練が行われた。

13日、国家非常事態庁がフェイスブック・アカウントにて発表した

発表には、「ロシア占領者がザポリッジャ原発にいることから、地方自治体と住民は、どのような情勢展開シナリオに対しても準備をしなくてはならなくなっている。9月13日、ザポリッジャ原発事故が生じて、放射線物質が環境に流出した場合のニコポリ地区ポクロウ市共同体の住民たちの避難訓練にポクロウ救助隊が参加した」と書かれている。

訓練は、ポクロウ共同体にて、原発事故発生時の地方自治体と民間人保護を行う当局の連携を目的に実施されたという。

写真:国家非常事態庁


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-