89%のウクライナ国民、「平和のための領土の譲歩」に反対

89%のウクライナ国民、「平和のための領土の譲歩」に反対

世論調査
ウクルインフォルム
最新の世論調査により、ウクライナの89%の住民が、平和を達成するためにウクライナが領土面でロシアに譲歩するような合意は「受け入れられない」と考えていることがわかった。

米ウォール・ストリートジャーナル(WSJ)が発注し、米シカゴ大学のNORC研究所が6月9日から13日にかけて実施した世論調査の結果を発表した

発表によれば、66%の回答者が、ウクライナ軍は2月24日の全面的侵攻開始以降にロシアが占領した領土を奪還することができるだろうと回答、10%の回答者がそのシナリオへの疑いを示した。また、53%の回答者が、2月24日以前の被占領地、クリミアとドンバスを含む全てのウクライナ領を奪還できるだろうと回答した。

81%の回答者が、平和達成のために、全面的侵攻が始まる前の被占領地(クリミアとドネツィク・ルハンシク両州(ドンバス)一部地域)をロシアが支配することにつき、「受け入れられない」と回答、8%が「受け入れられる」と回答した。

89%の回答者が、平和達成のために、全面的侵攻が始まった後の被占領地をロシアが支配することにつき、「受け入れられない」と回答、3%が「受け入れられる」と回答した。

また、半数以上の回答者が、今次戦争で知り合いあるいは親族を失ったと回答。3分の2の回答者が、戦争で仕事を失った、あるいは生活費を稼ぐ手段を失ったと回答した。

78%の回答者が、ゼレンシキー宇大統領のロシア侵攻への対応を支持すると回答、7%が大統領の行動は弱いと回答した。

89%の回答者が、ポーランドの各種支援に満足していると回答。米国の支援には73%、英国の支援には77%が満足していると回答した。他方で、フランスの支援には27%、ドイツの支援には22%のみが満足していると回答した。

今回の世論調査は、6月9日から13日にかけて、電話にて、ウクライナ政府が管理している地域居住の成人及び国内避難民の計1005名を対象に実施したもの。理論的誤差は最大±4.0%だと発表されている。

写真:参謀本部


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-