ユーロビジョン2021出場のウクライナ代表Go_A 演奏曲を披露

ユーロビジョン2021出場のウクライナ代表Go_A 演奏曲を披露

動画
ウクルインフォルム
ウクライナの公共テレビ・ラジオ局は、今年ロッテルダムにて開催される欧州音楽の祭典ユーロビジョン・ソング・コンテスト2021へ出場するウクライナ代表グループ「Go_A」の演奏曲を発表した。

公共テレビ・ラジオ局が報じた

発表には、審査員にGo_Aの新曲『ラーノ(早い)』『ツェルコウカ(教会)』『シュム(騒音)』3曲が提示されたところ、審査員は満場一致で『シュム』を選んだと書かれている。

この曲は、春の到来を祝う同名の民謡(ヴェスニャンカ)がモチーフとなっている。Go_Aは、『シュム』につき、昔の魔術的儀式の要素を取り入れた大昔の遊びを現代的に解釈したものだと説明している。

曲のプロモーション動画では、現在の隔離時代の要素も加えられている。動画のストーリーは、ある男性が人々との対話を欲し、隔離のない普通の生活へ戻ることを夢見ている。そしてある日、彼の夢は叶い、彼は春到来を祝う「ヴェスニャンカ」を踊り出す。

3月初めには、ユーロビジョン用に編曲された版が発表され、新しいプロモーション動画も公開されるとのこと。

審査員の一人であり、2016年ユーロビジョンの優勝者である歌手のジャマラさんは、この曲について「私は、シュムに投票した。この曲は、非常に現代的だと感じた。生の歌声が曲の全てを決めている。だから、(歌い手の)カーチャさんは、昨年の国内選考の結果に自信を持って欲しい。あなたが歌えば、きっとうまくいくと思う」と発言した。

なお、Go_Aは、2020年のユーロビジョンウクライナ国内選考でウクライナ代表に選ばれていたが、同年のユーロビジョン本選の開催が取り消されたため、Go_Aは2021年のユーロビジョンに出場することが発表されていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-