ゼレンシキー大統領、ホロドモール犠牲者を追悼

ゼレンシキー大統領、ホロドモール犠牲者を追悼

写真・動画
ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は28日、オレーナ・ゼレンシカ夫人とともに、ホロドモール犠牲者追悼碑の前で、犠牲者の追悼を行なった。

大統領府広報室が伝えた

大統領は、キーウ(キエフ)市内のホロドモール犠牲者追悼碑に、人為的飢餓にて小麦とガマズミの盛られた追悼用の皿を捧げた。

またゼレンシキー大統領は、国民に向けて、同日16時にろうそくに火を灯すように呼びかけた。大統領府がフェイスブック・アカウントにて大統領の呼びかけ動画を後悔した。

大統領は、「この犠牲は、ウクライナが第二次世界大戦で被った犠牲に匹敵する。一体、どうしたら一民族全体を殲滅したいなどと思えるのだろうか。一体、どうして? 何のためだ? 私たちは、それを理解することは決してできないし、それを忘れることも決してできない。それを許すことも決してできない。親愛なるウクライナ人よ、今日、私たち皆、キーウ時間16時、1分間の全国黙祷を行い、窓辺に追憶のろうそくの火を灯そう。そのろうそくが、亡くなった人々の魂を、ホロドモールの無実の犠牲者、女性、男性、子供たち、何百万のウクライナ人の魂を温めますように。彼らのことを永久に記憶しよう」と発言した。

本日、11月28日(第4土曜日)は、ウクライナではホロドモール犠牲者追悼の日と定められている

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-