国際調査報道グループ「ベリングキャット」、マキャヴェッリ賞受賞

国際調査報道グループ「ベリングキャット」、マキャヴェッリ賞受賞

写真・動画
ウクルインフォルム
13日、マレーシア航空機MH17撃墜などの調査報道で知られる国際グループ「ベリングキャット」は、これまでの活動の甚大な成果と調査報道における革新的手法につき、ハーグにて2019年マキャヴェッリ賞を受賞した。

マキャヴェッリ財団代表者がベリングキャットの創設者エリオット・ヒギンス氏にトロフィー等を授与した。ウクルインフォルムのハーグ特派員が伝えた。

ヒギンス氏は、ウクルインフォルムへのコメントにて「私たちがオランダでやっていることが認められるのは非常に嬉しい。私たちにとって、それは大きな一年だった。私たちは新しいオフィスを開き、私たちは成長した。それが認められるというのは、私にとって非常に大切なことなのだ」と発言した。

同氏はまた、2020年に更に多くの新しい可能性と発見をもたらすことへの期待を述べた。

なお、ニッコロ・マキャヴェッリの名を冠するこのマキャヴェッリ賞は、パブリック・コミュニケーション・情報の分野での大きな成果を成し遂げた人・団体に毎年授与される。

マキャヴェッリ財団は、1987年に創設。政治家、記者、研究者などが参加している団体。

べリングキャットは、これまでに、MH17撃墜に関するロシア政権の嘘を摘発したり、同撃墜に関与したロシア軍人を特定したり、英国ソールズベリーでの露元将校毒殺未遂事件に関与したロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)の軍人を特定したり、ロシア連邦国防省が「AC-130 Gunship Simulator」というゲームのキャプチャー画像を使って、「アメリカ軍のIS支援の証拠」と提示したような様々な偽情報を解明したりと、世界の様々な話題の事件の調査を行ってきた。べリングキャットのメンバーは、主にインターネット上のオープンデータを利用して調査を行っている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-