コンスタンティノープル総主教庁代理のダニエル大主教、ウクライナ正教会が総主教庁となる可能性を認める

コンスタンティノープル総主教庁代理のダニエル大主教、ウクライナ正教会が総主教庁となる可能性を認める

ウクルインフォルム
ウクライナ正教会独立のトモス(公布文書)を変更し、同教会が総主教庁の地位を得ることは、十分可能性がある。

ウクライナ正教会におけるコンスタンティノープル総主教代理(エクザルフ)であるダニエル大主教(米国)が、BBCウクライナ語版へのインタビューにて発言した。

大主教は、記者からのトモスの変更の可能性に関する質問に対し、「それは、トモスの変更と総主教庁設立宣言となります。コンスタンティノープル(全地総主教庁)は、それが全く可能性あることだということを、隠したことは一度もありません」と発言した。また、大主教は、「その際、総主教庁設立宣言の新しい文書が作られることになります」と補足した。

ダニエル大主教は、その場合、現行の文書がアーカイブ入りし、変わりに新しい文書が与えられることになると説明した。また、コンスタンティノープル総主教庁とウクライナ正教会が持つ文書が一致する必要があると述べ、「私たちは自らの写しを持っていますし、教会も自らの写しを持っています。これらは、完全に同じものでなければなりません。ロシア正教会に独立(autocephaly)の権利を与えている文書に生じたことが起こらないようにしなければなりません」と述べた。

ダニエル大主教は、モスクワ総主教庁(ロシア正教会)が持っている文書を見たことはないし、ギリシャ語の優れた知識もないと前置きをしつつ、「しかし、私が知る限り、これらの文書(編集注:モスクワ総主教庁とコンスタンティノープル総主教庁が持つ文書)は内容が異なっているらしいのです。そして、ロシア正教会の持つ文書にある署名と、イスタンブルに保存されている文書にある署名も異なっています」と説明した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-