母なるコンスタンティノープルの教会がウクライナの信者を抱き入れた:ヴァルソロメオス全地総主教発言

母なるコンスタンティノープルの教会がウクライナの信者を抱き入れた:ヴァルソロメオス全地総主教発言

131
ウクルインフォルム
母なる教会であるコンスタンティノープルの教会は、自らの意思とは無関係に教会法から外れてしまっていた何百万のウクライナの信者を、抱き入れた。

5日、イスタンブルにて、ヴァルソロメオス1世コンスタンティノープル全地総主教が、ウクライナ正教会への独立付与に関するトモス(交付文書)署名式の後に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

「現在、神の善意にて、私たちは、あなた達の地の何百万の信者を、教会の一体性の中に回復します。彼らは、自らの意思や理由とは無関係に、教会法と団結の外に置かれていました。しかし、コンスタンティノープルの教会は、他者としてではなく、その昔彼らのキリスト教の受容を助けた母親として、彼らを呼び、彼らを抱き入れたのです」と発言した。

ヴァルソロメオス総主教は、コンスタンティノープルは、ウクライナ人がトモスに対して敬意を示すこと、ウクライナの教会が全正教会世界の団結と協働に加わることを心から祈っていると述べた。

これまでの報道では、1月5日、ヴァルソロメオス1世コンスタンティノープル全地総主教がウクライナ正教会の独立に関するトモスに署名。6日は、聖ゲオルギオス大聖堂にて、トモスの授与式とヴァルソロメオス全地総主教とエピファニー・ウクライナ正教会首座主教による聖体礼儀が行われる。

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-