ドイツ、ロシアによる対ウクライナ電力施設攻撃を受け、G7外相会議の開催主導へ

ドイツ、ロシアによる対ウクライナ電力施設攻撃を受け、G7外相会議の開催主導へ

ウクルインフォルム
ベーアボック独外相は24日、ロシア連邦による最近のウクライナの電力インフラへの攻撃を受けて、ドイツはG7外相会談の来週の開催を主導すると発表した。

ベーアボック外相がツイッター・アカウントで発表した

ベーアボック氏は、「来週、G7の議長国として、私たちは、ウクライナのエネルギー供給の更なる支援を主導するために、外相級パートナーたちをブカレストにおける会合へ招待する」と書き込んだ。

同氏はまた、ロシアの民間インフラの攻撃を「耐えられない非人間的犯罪」だと形容した。さらに同氏は、プーチン露大統領は、ウクライナの人々を寒さと暗闇の中に置き去りにしようとしているとしつつ、「彼は、彼らの自由への願望と私たちのサポートを絶対に壊せない」と強調した。

なお、ドイツは、2022年のG7議長国を担っている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-