サンドゥ・モルドバ大統領、米国による国内親露・汚職人物への制裁に感謝

サンドゥ・モルドバ大統領、米国による国内親露・汚職人物への制裁に感謝

ウクルインフォルム
モルドバのサンドゥ大統領は27日、米国がモルドバの汚職に関わる人物へ制裁を発動したことにつき、謝意を伝えた。

ラジオ・リバティーが報じた

サンドゥ大統領は、「とうとうモルドバにおける大規模汚職や政党への違法資金供与は、罰せられるのかもしれない。米国は、モルドバと同国国民へと深刻な損害を与える汚職に関与した21の個人・団体に対して制裁を発動した」と発言した。

これに先立ち、米財務省は26日、モルドバの9人の個人と12の団体に対する制裁の発動を発表していた。これらの人物・団体は、クレムリンの有害な影響を広めてきていたとみなされており、またモルドバの大規模な汚職にも関わっていたとされている。

米国の制裁対象となった個人の中には、大富豪(オリガルヒ)のウラジーミル・プラホトニュークや、イラン・ショルといった、モルドバをロシアの影響下に戻そうとする人物が含まれていた。

その他、親露政治家のドドン前モルドバ大統領率いるモルドバ社会党と、ショルの支持者の間の連合形成に関わった人物ユーリー・チャイカにも制裁が科されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-