ショルツ独首相、ロシアのクリミア占領への対応の誤りを認める

ショルツ独首相、ロシアのクリミア占領への対応の誤りを認める

ウクルインフォルム
ショルツ独首相は、2014年にロシアがクリミアを占領した際、ドイツは誤った対応をしたと認めた。

独ビルド紙が報じた

ショルツ氏は、「私は、多分、少なくとも過去を振り返った時、クリミア併合へはもっと強固に対応することが絶対に正しかったのだと、非常にはっきり言いたい」と発言した。

同氏は、そうしていたら、ウクライナへのあのような攻撃を再び試すというような考えにプーチンがあれほどまでに固執することはなかっただろうと発言した。

なお、2014年、ロシアがクリミアを占領した後、国際社会はロシアに制裁を発動している。ドイツをはじめ、国際社会は、その後もロシアとの経済関係を維持し続けていた。

写真:dpa


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-