ゼレンシキー宇大統領、仏大統領とデンマーク首相と電話会談

ゼレンシキー宇大統領、仏大統領とデンマーク首相と電話会談

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は16日、フランスのマクロン大統領とフレデリクセン・デンマーク首相とそれぞれ電話会談を行い、対露制裁強化や対ウクライナ支援などにつき協議を行った。

ゼレンシキー氏がツイッター・アカウントにて報告した。

ゼレンシキー氏は、マクロン仏大統領との電話会談につき、「私は、前線の状況、ロシア連邦のザポリッジャ原発における核テロについて報告した。フランスに対して、多大な防衛サポートにつき謝意を伝えた。私たちは、ウクライナへのマクロ財政支援の強化と、食糧安全保障分野の挑戦について協議を行った。私たちは、対露制裁圧力を増さねばならない」と発言した。

また、同氏は、フレデリクセン・デンマーク首相との電話会談については、「成功裏の国防相会議と新しいデンマークの支援パッケージにつき謝意を伝えた。デンマークのミコライウ地域の復興におけるリーダーシップに言及した。私たちは、ウクライナへの財政支援の増加、対露制裁強化につき協議を行った」と伝えた。

これに先立ち、デンマーク政府は11日、コペンハーゲンで20か国以上が参加する国防相級ウクライナ支援会議を主催。ブドスコウ・デンマーク国防相は、同会議にて、15億ユーロ強の対ウクライナ軍事支援が集まったと発表した。また、デンマーク政府も、1億1000万ユーロの対ウクライナ追加軍事支援を発表していた。

また、ウクライナ南部のザポリッジャ原子力発電所は、ロシア軍が2月24日にウクライナに対して全面的侵略を始めて以降、3月4日に制圧された。ウクライナは、ロシア軍が同原発敷地に軍事機材や弾薬を集結させていることを「核テロ」だと呼び、ロシア軍が同原発敷地から完全撤退するよう、西側諸国に同国への圧力強化を呼びかけている

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-