ウクライナ国会、国際社会に対して、ロシアの原子力分野への制裁発動を呼びかけ

ウクライナ国会、国際社会に対して、ロシアの原子力分野への制裁発動を呼びかけ

ウクルインフォルム
ウクライナ最高会議(国会)は15日、国際社会に対して、ロシアが占領するウクライナ南部エネルホダル市のザポリッジャ原子力発電所にて行っている「核テロ」行為を非難するよう要請した。

最高会議議員301名が賛成した(過半数は226)。ジェレズニャク最高会議野党会派「声党」議員が同呼びかけ決議採択についてテレグラム・チャンネルにて報告した

最高会議は、国際原子力機関(IAEA)会員国の国会・政府に対して、ロシアの地雷設置や砲撃といったザポリッジャ原発をめぐる行動を「核テロ」と認定するよう呼びかけた。

さらに、国連、欧州連合(EU)、欧州評議会、欧州安全保障協力機構(OSCE)、IAEAに対して、ロシアの原子力分野全体に対する制裁、特にロスアトム社と同社関連企業との協力、これら企業の幹部を対象にした制裁を発動するよう要請している。

また、IAEA会員国に対して、ロシアのIAEA会員国としての特権と権利の効力の停止、各種IAEAが主導する核関連プログラムへの参加可能性の剥奪をIAEAに求めるよう呼びかけている。

同時に最高会議は、国連とIAEAに対して、ザポリッジャ原子力発電所派遣へ向けた共同安全ミッションの組織と派遣、それによる今後の発電所の非軍事化、ロシア兵・機材の原発と、エネルホダル市を含む周辺地帯からの撤収を要請した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-