EUはロシア国民の観光を制限すべき=フィンランド首相

EUはロシア国民の観光を制限すべき=フィンランド首相

ウクルインフォルム
フィンランドのマリン首相は、ロシア連邦からシェンゲン圏への観光客の流入を制限する欧州全体の決定を採択するよう呼びかけた。

マリン首相がYleへのインタビュー時に発言した

マリン氏は、「ロシアが攻撃的で、残虐な侵略戦争を欧州で行っている時に、ロシア国民が普通の生活を送れ、欧州を旅行でき、観光客となれるというのは正しくない」と発言した。

その上で同氏は、シェンゲン圏の国のどのビザによってもフィンランドの国境は越えられるのだとし、EUの国々が本件を共同で解決できることを期待していると述べた。

また同氏は、ロシア国民の欧州への渡航問題については今春を通じてEU首脳会談で議論されてきたものだとし、「私は、欧州理事会の今後の会合にて、本件がより強力に提起されると思っている。私個人の立場は、観光は制限されるべき、というものだ」と発言した。

なお、ウクライナのゼレンシキー大統領は、ロシアの対ウクライナ侵略戦争を受けて、ロシア国民の西側諸国への渡航を禁止すべきだとの見方を示していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-