「オーストラリアはロシアに勝つまでウクライナを支えていく」=アルバニージー豪首相、キーウ初訪問

「オーストラリアはロシアに勝つまでウクライナを支えていく」=アルバニージー豪首相、キーウ初訪問

写真・動画
ウクルインフォルム
アルバニージー豪首相は3日、オーストラリアはウクライナが、主権を守り、ロシアに対して勝利を達成するために必要なだけ、ウクライナの政府と人々へのサポートを提供していくと発言した。

キーウ(キエフ)を訪問したアルバニージー豪首相がゼレンシキー宇大統領との会談後共同記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

なお、今回のアルバニージー氏のウクライナ公式訪問は、オーストラリア首相として初めてであり、同氏は、初訪問は大きな光栄だと発言した。

アルバニージー氏は、「もちろん、私は、訪問が別の環境下で行われていたらと望む気持ちもある。他方で、今回の訪問は言うまでもなく、世界全体に対して、オーストラリアの人々とウクライナの人々の連帯を示しているのだ」と発言した。

同氏はまた、ロシアによる残酷でいわれのない対ウクライナ侵略は、国際法、国連憲章を侵害しながら行われていると強調した。

加えて同氏は、同日ブチャ、ホストメリ、イルピンを訪問した際に、自らの目で、ロシア軍により破壊された民間の建物を目にしたと述べ、「この不当な異常な戦争において、民間施設がロシア軍の標的となったのだ」と発言した。

同氏は、オーストラリアは、ウクライナが優位を得て、勝利を達成し、自らの主権を守るために必要なだけ、同国の政府と民を支え続けると述べつつ、「なぜなら、あなた方は、私たち皆が存在する国際法の支配、国際法秩序を守っているからだ」と指摘した。

その際同氏は、オーストラリアがNATO非加盟国の中でウクライナを最も多く支援している国であることを誇りに思っていると発言した。

さらにアルバニージー氏は、オーストラリア政府は、ウクライナに追加で1億ドルの軍事技術支援を提供するとし、オーストラリアはウクライナにすでに3億9000万ドルを提供していると喚起した。加えて、同氏は、14台の装甲輸送車と20台の装輪装甲車「ブッシュマスター」を提供すると発表し、これによりオーストラリアによるウクライナへのブッシュマスター提供台数は計60台になると発言した。

同氏は、オーストラリアはまた、追加的機材、無人機、その他の軍事技術品をウクライナの要請に応じて提供すると伝えた。

さらに、「私たちは、ウクライナ国境警備隊にさらなる支援を提供していく。彼らの能力を改善し、サイバーセキュリティのレベルを上げ、国境管理を改善する」と発言した。

また同氏は、オーストラリアは、16名のロシア政府の閣僚と同国オリガルヒ(大富豪)に対して新たな制裁を発動し、またロシアの金の輸入を禁止すると発表した。その際同氏は、「私たちは、この制裁においてカナダ、日本、米国、英国に合流する」と発言した。

その他同氏は、オーストラリアは、その他の複数の国と同様、ウクライナの製品に対して免税措置を取る意向を伝えた。

ゼレンシキー大統領は、「キーウにて、アルバニージー豪首相を迎えられ嬉しく思う。これは、二国間関係史を通じて、オーストリア首相の私たちの首都への初の訪問である。私たちは、あなた方のこの時、ロシアによるウクライナの人々への戦争の中での、あなた方がここにプレゼンスを示していることを、評価し、感謝している」と発言した。

さらにゼレンシキー氏は、「オーストラリアは、私たちの国家と国際法秩序を支持しており、ウクライナに多大な支援、特に防衛支援を提供してくれている。オーストラリアは、その額でトップの国の輪に入る。私たちの防衛者たちは、オーストラリアの装輪装甲車ブッシュマスターとその他のオーストラリアからの具体的支援を高く評価している」と発言した。

また同氏は、アルバジーニー首相に対して、前線の情勢とロシア侵略軍に対抗する上でのウクライナの能力につき説明したと述べた。

さらに同氏は、オーストラリアに対して、ロシア連邦の侵略能力を破壊するために国際連携と対露制裁を強化するよう呼びかけた。

その他同氏は、オーストラリアに対して、ウクライナの戦後復興への参加を提案したとし、オーストラリアはプロジェクトへ加わる準備があると伝えた。

写真:大統領府
写真:大統領府
写真:大統領府

なお、3日、アルバニージー豪首相がキーウを訪問した。アルバニージー氏は、ゼレンシキー宇大統領との会談に先立ち、キーウ州のブチャ、ホストメリ、イルピンを視察している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-