ウクライナの大統領、国会、政府、EU加盟に向けた共同声明に署名

ウクライナの大統領、国会、政府、EU加盟に向けた共同声明に署名

写真
ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領、ステファンチューク最高会議(国会)議長、シュミハリ首相は1日、ウクライナの欧州連合(EU)完全加盟達成に向けた大統領、最高会議、政府による共同声明に署名した。

ゼレンシキー大統領とシュミハリ首相が最高会議を訪れて署名が行われた。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

署名に際して、ゼレンシキー大統領は、「私たちは候補国地位へと115日間歩んだ。そして、私たちの加盟への道のりは、何十年もかかってはいけない。私たちは、この道をできるだけ早く踏破しなければならない。それは私たちにかかっている。EUの友人たちがもう一つの歴史的決定を私たちのために迅速かつ団結して採択できるよう、私たちは自分の作業を理想的に実行せねばならない」と発言した。

また、同日、ゼレンシキー氏は、最高会議で演説を行い、「政権の全ての機関の課題は、何よりも、私たちの仕事に一切の停止を生み出さないこと、ウクライナの欧州の道にとって必要な決定を全て採択すること、そして、その決定からウクライナ社会、家族、国民が肯定的なものを感じられるようにすることだ」と発言した。

写真:大統領府

同氏はまた、EU加盟は地政学とか、政治的願望の実現とかだけのことではない、それは、ウクライナに具体的な結果、メリットをもたらすものなのだと指摘した。

また、同日、最高会議議場に欧州旗が立てられた。

これに先立ち、23日、EU全加盟国の首脳がウクライナとモルドバへのEU加盟候補国地位の付与を決定していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-