「ウクライナの人々はEUの旗を革命の際に掲げた。占領後の町にもその旗が現れるだろう」=ゼレンシキー宇大統領

「ウクライナの人々はEUの旗を革命の際に掲げた。占領後の町にもその旗が現れるだろう」=ゼレンシキー宇大統領

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は23日、欧州理事会によるウクライナへの欧州連合(EU)加盟候補国地位付与の決定を受け、ウクライナはEUの完全な加盟国となる能力がある、EUの旗がロシアの占領から解放された全ての町でたなびくと信じていると発言した。

ゼレンシキー大統領がEU首脳陣とEU加盟国首脳へのオンラインメッセージの際に発言した

ゼレンシキー氏は、「ロシアの対ウクライナ全面戦争の5日目、私たちはEU加盟申請を提出した。私たちは、欧州委員会から受け取った質問表に対して極めて迅速に完全に良質な回答を行った。そして今日、この望ましい結果が出たのだ。私は今日、もう一度、ウクライナはEUの完全なメンバーとなる能力があることを確認したい」と発言した。

同氏はまた、ウクライナは形式的にはEUの外にいるが、おそらく、私たちの国にはEUの旗が最も多いのではないかと思うと発言した。同氏は、「それら(EUの旗)は、革命の時に人々が手にしていた。それらは、2014年の塹壕の中の人々が持っていた。私は、EUの旗は、ロシア連邦による占領から解放されるウクライナの町一つ一つにも現れると信じている。ウクライナと欧州の旗は、この戦争の後、私たちが国家を復興する際にも一緒に現れるのだ」と強調した。

なお、23日、EU全加盟国の首脳がウクライナとモルドバへのEU加盟候補国地位の付与を決定した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-