「G7は必要な限りずっとウクライナを支えていく」=ショルツ独首相

「G7は必要な限りずっとウクライナを支えていく」=ショルツ独首相

ウクルインフォルム
ドイツのショルツ首相は、G7はウクライナが必要とする限りずっと同国のことを支える、ウクライナはG7のサポートを期待して良いと発言した。

ショルツ氏がdpaへのインタビュー時に発言し、AP通信がキャリーした。

ショルツ氏は、来週エルマウで開催されるG7首脳会談でウクライナの長期的展望を議論したいと発言した。

そして同氏は、「私たちは、必要な限りずっとウクライナを支え続けていく。私たちは、ロシア大統領の算段がうまくいかないことを確信したい。プーチンは間違いなく、十分な土地を制圧してしまえば、全ては落ち着き、国際社会はいつものビジネス関係(business as usual)に戻ると期待している。それは幻想だ」と強調した。

同氏はまた、自身とフランス、イタリア、ルーマニアの同僚はキーウ(キエフ)訪問時、ゼレンシキー宇大統領と今後の武器供与、特に砲弾と火砲の提供について協議したと発言した。

加えて同氏は、4国首脳はウクライナの欧州連合(EU)加盟候補国地位付与への支持を表明したとし、来週のブリュッセルでの欧州理事会会合にて全てのEU加盟国がその立場を支持することを期待していると表明した。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-