平和の条件を決めるのはウクライナ自身=ドイツ政府

平和の条件を決めるのはウクライナ自身=ドイツ政府

ウクルインフォルム
ドイツ政府のヘーベシュトライト報道官は15日、いかなる国も機関も、ウクライナに対して平和の条件について忠告を行う権利は有していないと発言した。

ヘーベシュトライト独政府報道官が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ヘーベシュトライト氏は、「私は、首相が繰り返し強調してきたことをはっきりと述べる。このロシアとの紛争において、ウクライナがどのような解決を求めるかについては、ウクライナが自分で完全に独自に決めることである。誰も外から同国に忠告を与えることはできない」と発言した。

同氏はまた、平和の条件は、ウクライナの社会、大統領、議会によって受け入れられるものでなければならないとし、他のプレイヤーからの要件はいかなるものであれ不適切だと指摘した。

その他、ショルツ独首相の今後のウクライナ訪問については、ヘーベシュトライト氏は、「首相の業務計画に関して発表することは何もない」と発言した。

同時に同氏は、ドイツとショルツ首相のウクライナに関する立場には一切の疑念はないとし、ドイツからの対ウクライナ支援は財政、人道、軍事手段と多面的であると強調した。

なお、これに先立ち、ショルツ独首相が今週ウクライナを訪問する可能性が報じられていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-