EU、ロシア発石油禁輸で合意ならず

EU、ロシア発石油禁輸で合意ならず

ウクルインフォルム
欧州連合(EU)加盟国外相は16日、ブリュッセルでの会合にて、ロシア発石油の禁輸を含む第6対露制裁パッケージの発動につき合意に至らなかった。

ボレルEU上級代表がEU閣僚理事会会合の結果を受けた記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ボレル上級代表は、「私たちは、侵攻の代償をクレムリンにとって受け入れられないものとするよう、ロシアに対して制裁を科し続ける。私たちは、協議を続ける。残念ながら、今日は、合意に達せず、第6制裁パッケージの形成を終わらせられなかった。本件は、再びこれペール会議(常駐代表者会議)に戻され、そこで代表者たちが議論を継続する。私たちは、石油供給禁止にてコンセンサスを達成することの困難を理解している」と発言した。

これに先立ち、5月4日、フォンデアライエン欧州委員会委員長は4日、EUのロシアに対する第6制裁パッケージの内容案を発表していた。同制裁案には、ロシアからの石油の禁輸、SWIFT(国際銀行間通信協会)からの遮断対象銀行の追加、ロシアのプロパガンダの禁止が含まれていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-