ウクライナ、日本の石油禁輸措置決定を高く評価=日宇外相会談

ウクライナ、日本の石油禁輸措置決定を高く評価=日宇外相会談

ウクルインフォルム
13日、日本の林外相とウクライナのクレーバ外相は、G7外相会合の開かれたドイツで会談を行った。クレーバ外相は、ゼレンシキー大統領が日本のロシア産石油の原則禁止措置表明を高く評価していると伝えた。

日本外務省が公式ウェブサイトで同会談について公表した

発表によれば、林外相は、ウクライナ各地のロシアの残虐行為は断じて許せないとし、ロシアの責任を厳しく問うていかなければならないと発言した。また、ウクライナ政府と国民を支援するために、人道支援や財政支援を実施している他、ウクライナ避難民の受け入れを継続していると伝えた。

クレーバ外相は、日本のこれまでの支援に対して深い謝意を伝えるとともに、ゼレンシキー宇大統領は日本による原則禁輸の措置の発表を高く評価していると発言した。また、最新の情勢などについての説明を行った。

両者は、G7をはじめ国際社会が結束して強力な対露制裁を続けていくことの重要性を確認した。

これに先立ち、​岸田首相は8日、G7首脳テレビ会談に出席した際、日本もロシア産石油の原則禁輸措置を取ることにしたと発表していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-