ウクライナは中国に安全保証国の一つとなるよう提案した=クレーバ宇外相

ウクライナは中国に安全保証国の一つとなるよう提案した=クレーバ宇外相

ウクルインフォルム
ウクライナのクレーバ外相は、同国は中国に対してウクライナの将来の安全保証国になることを提案したと発言した。

クレーバ外相が中国国営新華社通信へのインタビュー時に発言した

クレーバ氏は、ウクライナは中国を含む国連安全保障理事会常任理事国やその他の国からの安全の保証を受け取る可能性を分析していると発言した。同氏は、「私たちの中国へのウクライナの安全保証国の一つとなることの提案は、私たちからの中華人民共和国への敬意と信頼の証である」と伝えた。

さらにクレーバ氏は、中国側が、ウクライナ情勢が現在のように発展することは望んでないはずだとし、ロシアの対ウクライナ戦争は、食糧危機と経済問題を引き起こしており、それが中国経済にとって深刻な脅威となっていることから、中国の利益に合致しないとの見方を示した。また同氏は、ロシアを現在止めなければ、数年後には「新たな危機を引き起こす」と強調した。

その上で同氏は、「地政学的目的を追及せず、ロシアの対ウクライナ戦争の炎に油を注がないことが中国の責任ある立場である」と発言した。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-