OSCE、ウクライナ特別監視団の活動を終了へ

OSCE、ウクライナ特別監視団の活動を終了へ

ウクルインフォルム
ラウ欧州安全保障協力機構(OSCE)議長(ポーランド外相)とシュミットOSCE事務総長は、OSCEウクライナ特別監視団(SMM)の緊急終了方策を取ることを発表した。

28日、OSCE広報室が発表した

発表には、2022年3月31日にロシアがOSCE/SMMのマンデート更新を認めず、その後本決定が下されたと書かれている。

ラウ議長は、「困難な決定だった。私たちは、SMMマンデート復活達成のために加盟国との政治対話を通じてあらゆる可能な案を検討した。しかし、ロシア連邦の立場により、私たちは、SMMの終了の方策を取る以外の他の選択肢がなかった」と発言した。

同時に同氏は、OSCEはウクライナにてすでにある義務に従った活動を継続したいと思っていると指摘し、議長国ポーランドはウクライナにおけるOSCEの将来の代わりとなる役割を分析するために加盟国と協力を続けると伝えた。

シュミット事務総長は、SMMが過去8年間担った重要な役割を喚起し、SMMが現場における客観的事実を与え、対話を促進し、民間インフラ修理のための機会を与えてきたと指摘した。

なお、OSCE/SMMは、ウクライナ政府の要請を根拠に、OSCEの57の全加盟国のコンセンサスにより、2014年3月21日に活動を開始していた。

写真:SMM


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-