ゼレンシキー宇大統領、小児病院にてマリウポリから避難した戦災孤児と面会

ゼレンシキー宇大統領、小児病院にてマリウポリから避難した戦災孤児と面会

写真・動画
ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は26日、国営小児病院にて、マリウポリから避難した戦災孤児2名と面会した。二人は、一度ロシア軍により非政府管理地域(編集注:ロシア武装集団管理地域)へ連れ去られたが、その後、ウクライナ政権が政府管理地域へ連れ戻した人物。

大統領府広報室が公表した

大統領府は、マリウポリでは激しい戦闘によりイッリャ・マトヴィイェンコ氏とキラ・オベジンシカ氏は親を失い、二人もまた負傷し、その後ロシア軍が二人を非政府管理地域へ連れ去ったと伝えた。

発表によれば、二人を連れ戻すためには、あらゆる関連政府機関が連携したとし、ゼレンシキー氏も同作戦を自身の監督下に置いていたと発表された。

ゼレンシキー氏は、「子供たちのことを私たちは最も心配している。子供は、私たちの未来だ。私たちは、一人一人のウクライナの子供たちを巡って戦っていく。皆が家に帰れるように」と発言した。

小児病院にて、ゼレンシキー氏は、10歳の誕生日を迎えたマトヴィイェンコ氏と、彼の祖母と面会した。マトヴィイェンコ氏の母親は、ロシア軍がマリウポリを爆撃した際に死亡したという。医師は、マトヴィイェンコ氏の容体を伝えた上で、彼はリハビリを経て、また歩けるようになると説明した。

またゼレンシキー氏はもう一人のオベジンシカ氏と面会。彼女の父親イェウヘン・オベジンシキー氏は水球の国内チャンピオン複数回経験者で、国の代表チームのリーダーも務めたことがあるが、マリウポリで死亡。母親は、それ以前に亡くなっている。彼女の祖父も長年水球のコーチをしていた人物で、ロシアの全面的侵攻が始まってから、西部のチェルニウツィーで暮らしていたところ、現在はオベジンシカ氏のともに病院で過ごしているという。

さらにゼレンシキー氏は、小児病院の医師たちと面会し、叙勲を行った。

ゼレンシキー氏は、「あなた方の毎日の重要な仕事、ウクライナの人々の命を救う仕事に感謝している。あなた方も、軍人と同様に、前線にいるのだ」と強調した。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-