クロアチア首相、同国大統領の発言につき、ウクライナ国民に対して謝罪

クロアチア首相、同国大統領の発言につき、ウクライナ国民に対して謝罪

ウクルインフォルム
クロアチアのプレンコビッチ首相は、同国のミラノビッチ大統領による「ウクライナは汚職しているから北大西洋条約機構(NATO)に居場所はない」「(ロシアとの戦争の場合には)クロアチアはそこから自国軍を引き上げる」といったスキャンダルを呼び起こした発言に関して、ウクライナ国民に対して謝罪した。

25日、プレンコビッチ・クロアチア首相がツイッター・アカウントに謝罪メッセージを掲載した

プレンコビッチ首相は、「ウクライナ領に私たちの兵がいないこと、ポーランドへの派遣部隊はすでに戻っていることを考慮すると、私は、大統領が一体どの部隊を引き上げるつもりなのかわからない。彼のウクライナの汚職に関する発言は、私たちの立場ではなく、私は政府を代表して、ウクライナの人々にそのような捏造につき謝罪する」と書き込んだ。

これに先立ち、ミラノビッチ・クロアチア大統領は、「ウクライナはその汚職によりNATOに居場所はない」と述べ、ロシアとの戦争が生じた場合には、クロアチアは戦争から最大限距離を取り、「自らの兵をそこから引き上げる」と発言していた。さらに、2013〜14年の尊厳革命(マイダン革命)については「国家転覆である」と、ロシア政権が好む表現を用いて発言していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-