ウクライナ・ジョージア両国外相「NATO加盟に関するロシアへの譲歩は看過し得ない」

ウクライナ・ジョージア両国外相「NATO加盟に関するロシアへの譲歩は看過し得ない」

ウクルインフォルム
クレーバ・ウクライナ外相とザルカリアニ・ジョージア外相は、両国の北大西洋条約機構(NATO)加盟に関してロシアに譲歩することは看過し得ないとの立場で一致した。

24日、ウクライナ外務省が両外相の電話会談の結果を公表した

発表によれば、クレーバ外相は、ザルカリアニ外相に、国境付近とロシアが占領するウクライナ領の治安情勢、ロシアの更なる侵略の抑止を目的とするウクライナや国際社会による方策パッケージについて詳細に報告した。

両外相は、「ウクライナとジョージアのNATO統合に関するロシアへの譲歩は看過し得ない」という立場で一致した他、両国のNATOと欧州連合(EU)との関係における今後の行動について調整を行った。

両者はその他、地域にて貿易・投資額を増やすため、連合トリオ(ウクライナ、モルドバ、ジョージア3国の協力フォーマット)とGUAMの経済プロジェクトの発展に注意を向けた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-