日本政府、ウクライナ全土の渡航危険レベル「渡航中止勧告」へ引き上げ

日本政府、ウクライナ全土の渡航危険レベル「渡航中止勧告」へ引き上げ

ウクルインフォルム
24日、日本政府は、ウクライナ全土の危険レベルをレベル3の「渡航中止勧告」に引き上げた。

外務省海外安全ホームページの情報が更新された

外務省の危険情報では、ロシア連邦の占領下にあるクリミアと小規模な戦闘が続き、一部が占領下にあるドネツィク・ルハンシク両州に関しては、これまでもレベル3の渡航中止勧告(「渡航は止めてください」)が出ていたが、今回はそれらを除くウクライナ全土の危険がレベル3に引き上げられた。

外務省は、「現在、ウクライナの国境周辺地域では、ロシア軍の増強等により緊張が高まっており、予断を許さない状況が続いています。そのような中で、関係国による外交努力の動きがある一方で、今後事態が急変する可能性もあります。このため、下記で別途指定する地域を除く全土を、新たにレベル3:『渡航は止めてください。』(渡航中止勧告)に引き上げます」と説明している。

また外務省は、事態が急変する場合に備え、日本国政府や在ウクライナ日本国大使館が発信する情報等を確認するよう呼びかけた他、「ウクライナに滞在中の皆様におかれては、商用便等が運航されている今、これらを利用して出国することを強くお勧めします」と伝えている。

これに先立ち、米国務省は24日、在ウクライナ米大使館の外交官の自発的国外退避への許可を出し、また外交官家族は退避を指示していた

ウクライナ外務省は、今回の米国の決定につき「時期尚早」との見方を示している。

また、同日、ボレル欧州連合(EU)上級代表は、EUはウクライナからの外交官とその家族の退避を組織するつもりはないと発言している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-