ドイツ海軍総監、クリミア発言めぐり辞任 ウクライナ大使「独は立場を変えるべき」と主張

ドイツ海軍総監、クリミア発言めぐり辞任 ウクライナ大使「独は立場を変えるべき」と主張

ウクルインフォルム
「クリミアはウクライナに戻らない」などの発言により批判を受けたドイツ海軍総監のカイ=アヒム・シェンバフ中将は、22日に辞表を提出、独国防相がこれに同意した。

独DWがドイツ国防省発表を報じた

発表には、「1月22日水曜日夜、ドイツ海軍総監カイ=アヒム・シェンバフ中将は辞表を提出した」と書かれている。

また、メリニク駐独ウクライナ大使は、ツイッター・アカウントにて、同氏の辞任を歓迎すると伝えた。メリニク大使は、「ウクライナはドイツ海軍トップのカイ=アヒム・シェンバフ氏のタイムリーな辞任を歓迎するが、それではドイツ政治に対する完全な信頼の回復には不十分だ。ドイツ政府は、キーウ(キエフ)に対する方針を変えるべきだ!」と書き込んだ。

これに先立ち、ドイツ海軍総監であったカイ=アヒム・シェンバフ中将がインド防衛研究所の会議にて、「ウクライナはクリミアを失った、それは二度と戻らない」などと発言。これに対して、クレーバ外相は、「最近のドイツによる、特に、第3国に許可を出すことによる、防衛兵器の譲渡はできないとする最近の発言や、クリミアの返還に展望がないとするものや、SWIFTからのロシア遮断への迷いは、私たちの関係のレベルや現在の治安情勢に合致しないものである」として、抗議の意を表明していた

写真: dpa/picture alliance


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-