ブリンケン米国務長官、クレーバ宇外相にジュネーブでの米露外相会談結果を報告

ブリンケン米国務長官、クレーバ宇外相にジュネーブでの米露外相会談結果を報告

ウクルインフォルム
ブリンケン米国務長官は21日、クレーバ・ウクライナ外相と電話会談を行い、同日ジュネーブで行われたラヴロフ露外相との会談の結果を伝えた。

米国務省広報室が発表した

発表には、「ブリンケン国務長官は本日、ロシアによるウクライナ国境近くの不当な軍備増強への対処のための欧州への渡航の総括として、クレーバ・ウクライナ外相に電話した」と書かれている。

ブリンケン氏は、クレーバ氏に、ベルリンとジュネーブでの同盟国とロシアの高官との会談につきブリーフし、ロシアのいかなるさらなる侵攻も、米国と同盟国からの迅速で厳格で団結した対応を招くと強調した。

さらにブリンケン氏は、米国によるウクライナの主権と領土一体性への揺らがぬ支持を再確認し、ウクライナ抜きにウクライナに関する決定はないと強調した。

また、クレーバ外相も同日、同電話会談につき、ツイッター・アカウントにて報告した

クレーバ氏は、「ブリンケン氏は、電話で、私に、ベルリンとジュネーブでの会談の結果を報告した。私たちの緊密な調整に感謝している。ウクライナの防衛能力のさらなる強化について協議した。ロシアとのコンタクトの外交の道が機能し続けているというのは良いニュースだ」と書き込んだ。

また、ゼレンシキー大統領も、21日、ツイッター・アカウントにて、「私は、米国によるウクライナのための前例のない外交・軍事の支援につき、バイデン大統領に感謝している」と書き込んでいる。

なお、21日、ブリンケン米国務長官は、ジュネーブにてラヴロフ露外相と会談し、ウクライナ周辺に集結するロシア軍部隊による緊張する情勢につき協議を行っていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-