ゼレンシキー宇大統領、ロシアが東部ハルキウ市を占領しようとする可能性に言及

ゼレンシキー宇大統領、ロシアが東部ハルキウ市を占領しようとする可能性に言及

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシキー大統領は21日、ロシア連邦が東部に位置するウクライナの第二都市ハルキウを占領しようとする可能性に言及した。

ゼレンシキー大統領が米ワシントン・ポスト紙へのインタビュー時に発言した

ゼレンシキー氏は、「ロシアがエスカレーションを強化することを決めたら、彼らは、もちろん、ロシアとの親族面の繋がりを持っていた人々が歴史的に住んでいる場所でそうしようとするだろう。ウクライナ政府支配地域のハルキウは占領されるかもしれない。ロシアには、口実が必要であり、ロシア語話者住民を守ると言うだろう」と発言した。

同氏はまた、クリミア占領後、「私たちは、それがあり得ること、生じる可能性があることだと理解している」と発言した。

同時に同氏は、「しかし、私は、彼らが何をしようとしているかは知らない。なぜなら、それは大きな街だからだ。ハルキウには、100万人以上の住民が暮らしている。簡単には占領とならない。それは、大規模戦争の始まりとなるだろう」と発言した。

その他同氏は、ウクライナは被占領下クリミアのことを忘れていないと述べ、「彼ら(ロシア)は、私たちや世界がクリミアのことを忘れることを望んでいる。彼らは、クリミアを占領し、ドンバスにて分離主義者を育てた。私たちがクリミアを忘れたら、彼らはドンバスを私たちに明け渡す準備ができるだろうが、誰もクリミアのことは忘れない」と発言した。

記者から、プーチンはウクライナに親露的な政府を植え付けようとすると思うかと尋ねると、ゼレンシキー氏は、それは不可能だと発言し、「たとえ彼らがそうしたとしても、その政府は長続きしない。なぜなら、人々がそれを受け入れないからだ。もしかしたらプーチンは、ウクライナの大半が彼や彼の政策を支持していると思っているのかもしれない。私は、そう考えるのは大きな間違いだと思っている」と指摘した。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-