日仏2+2 露のウクライナ国境沿いの軍備強化に「重大な懸念」 緊張高まり回避を要請

日仏2+2 露のウクライナ国境沿いの軍備強化に「重大な懸念」 緊張高まり回避を要請

ウクルインフォルム
日本とフランス両政府は20日、日仏外務・防衛閣僚会合(2+2)をオンラインで開催し、共同声明にて、ウクライナ国境付近のロシアの軍備強化に対する重大な懸念を示すとともに、ロシアに対して緊張の高まりを避け、軍事活動の透明性に関する国際義務を遵守するよう呼びかけた。

日本外務省が日仏外務・防衛閣僚会合共同声明を公開した

共同声明には、「四大臣は、ウクライナとロシアの国境付近でのロシアの軍備強化を重大な懸念をもって引き続き注視しつつ、ロシアに対し、いかなる緊張の高まりも避け、軍事活動の透明性に関する国際的なコミットメントを 遵守するよう呼びかける」と書かれている。

加えて双方は、ウクライナの主権及び領土一体性を完全に尊重することへの強い支持を改めて表明した上で、ウクライナ危機の解決にはミンスク諸合意の完全な履行が重要だと強調した。同文脈で、日本側は、独仏が仲介役として参加する「ノルマンディ・フォーマット」(編集注:ロシア・ウクライナ紛争解決を協議する独仏宇露4国からなる協議フォーマット)と「三者コンタクト・グループ」(TCG)(編集注:ロシア、ウクライナ、OSCEからなるミンスク諸合意履行を協議するフォーマット)への支援を継続することを再確認した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-