米英独仏4国外相、対露制裁を協議

米英独仏4国外相、対露制裁を協議

ウクルインフォルム
米国、英国、ドイツ、フランスの4国の外相は20日、ベルリンにて会談し、ロシア連邦がウクライナに更なる侵攻を行った場合のロシアに対する厳しい制裁の発動準備などにつき協議した。

米国務省広報室が協議結果を発表した

発表には、「彼ら(4国外相)は、ロシアとの最近の外交努力と、同盟国・パートナー国のロシアの更なる対ウクライナ侵略に対する多大な結果と厳しい経済的代償の発動準備を含む、その抑止に向けた共同努力について協議した」と書かれている。

その際、ブリンケン米国務長官は、ウクライナの主権と領土一体性へのコミットメントを確認した。

また、4国外相は、イラン核開発プログラムに関する協議にて全ての当事者の同意が不可欠だと話し合ったとのこと。

なお、20日、ブリンケン米国務長官は、ベルリンを訪問し、独首脳陣と協議を行った他、大西洋4国(米英独仏)フォーマットでの外相会談を実施した。

ブリンケン氏は、21日にはジュネーブにてラヴロフ露外相と会談する予定。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-