ブリンケン米国務長官、21日のジュネーブで露外相と会談=米国務省

ブリンケン米国務長官、21日のジュネーブで露外相と会談=米国務省

ウクルインフォルム
ブリンケン米国務長官は、19、20日のキーウ(キエフ)とベルリンの訪問の後、21日にジュネーブでラヴロフ露外相と会談し、ウクライナ周辺の緊張緩和に関して協議を行う。

18日、米国務省高官による電話記者会見時に発表された。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

発表では、「国務長官はジュネーブを訪問し、そこで彼はロシアのラヴロフ外相と会談し、外交協議を継続し、ロシアに沈静化のために迅速な行動をとるように要請する」と説明された。

同会談は、ブリンケン氏の19日のキーウにおけるウクライナ政権首脳陣との会談と、20日のベルリンでの環大西洋4国(仏独英米)代表者会合の後に行われる。

国務省高官は、米国は現在のプロセスにおいて、いかなる行動も、行う前に同盟国・パートナー国と密接な協議を行っていると強調した。

これに先立ち、米国務省広報室は、ブリンケン米国務長官が19日にキーウを、20日にベルリンを訪問すると発表していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-