ブリンケン米国務長官、19日にキーウ訪問へ

ブリンケン米国務長官、19日にキーウ訪問へ

ウクルインフォルム
ブリンケン米国務長官は、1月19日にキーウ(キエフ)を訪問する。

18日、米国務省広報室が公表した

発表には、ブリンケン米国務長官が1月18〜20日にかけてキーウとベルリンを訪問すると書かれており、「渡航は、欧州の同盟国・パートナー国とともに、ロシアがウクライナに対して示している脅威の克服に向けた統一のアプローチに関しての広範な外交協議を伴う」と書かれている。

ブリンケン氏は、1月19日にキーウを訪問し、ゼレンシキー大統領とクレーバ外相と会談し、米国によるウクライナの主権と領土一体性へのコミットメントを確認するという。

また、同氏は、現地の米大使館の職員と親族に対して、ロシアが更なるエスカレーションに踏み切った場合の予測困難な状況に向けた計画に関する国務省の努力を伝えると書かれている。

20日には、ブリンケン氏はベルリンを訪問し、最近のロシアとの外交接触と同国による対ウクライナの更なる侵略の抑止努力について協議すると発表されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-