ウクライナは自衛権を有している=NATO事務総長、英の武器供与決定にコメント

ウクライナは自衛権を有している=NATO事務総長、英の武器供与決定にコメント

ウクルインフォルム
ストルテンベルグ北大西洋条約機構(NATO)事務総長は、ウクライナは自らの主権と領土一体性を防衛する権利を有しており、NATOはその権利を支持していると発言した。

ストルテンベルグNATO事務総長がベルリンでのショルツ独首相との会談後共同記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ストルテンベルグ氏は、英国がウクライナに防衛兵器を供与する決定を採択したことについて質問されると、「私は、ウクライナが自らを守る権利を有していることが何より重要だと思っている。(中略)NATOは、ウクライナがその権利を行使できるようにするために同国をサポートしている」と発言し、自衛権は国連憲章に記載されているものだと指摘した。

同氏は、NATOは同盟として、様々な手段でウクライナをサポートしているとし、何よりまず政治的なサポートを与えており、それから実質的なサポートとして、能力向上、人員訓練、海軍能力構築といった防衛機構のサポートをしていると指摘した。

致死性防衛兵器の供与に関しては、同氏は、NATO加盟国内には異なるアプローチがあると認めた上で、加盟国の中にはそのようなサポート(致死性武器)を供与している国もあると発言した。

これに対して、ショルツ独首相は何年もウクライナに致死性兵器を輸出しない政策を行ってきたとし、ドイツは政権交代後も本件に関して変更はないと発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-