ゼレンシキー大統領、アゼルバイジャン大統領と会談

ゼレンシキー大統領、アゼルバイジャン大統領と会談

写真
ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は14日、キーウ(キエフ)を訪問したアゼルバイジャンのアリエフ大統領と会談した。その際、両国の主権と領土一体性への相互支持を示す共同宣言など複数の二国間文書が署名された。

ウクルインフォルムの記者が署名式会場から伝えた。

ゼレンシキー大統領は、「私たちは、ウクライナとアゼルバイジャンの領大統領共同宣言に署名した。それにて、私たちの国家の国際的に認められた国境内での主権と領土一体性への相互支持付与、ハイブリッド脅威への相互対抗への準備や、黒海・カスピ海地域とその周辺の平和と安定の保障願望が確認された。これらや宣言にあるその他の立場は、地域レベルや世界レベルの多くの問題や挑戦に関して私たちの見方の一致や近さを示している」と発言した。

また同日、ウクライナ・アゼルバイジャンの政府レベルで、食料安全分野協力協定、貿易連携に関する相互理解覚書、農業分野、エネルギー分野、土地関係分野の協力に関する文書に署名が行われた。

ゼレンシキー大統領はまた、アゼルバイジャンビジネスがウクライナの民営化に積極的に参加する可能性について協議したと伝えた。

さらに、ゼレンシキー氏は、2021年、ウクライナとアゼルバイジャンの間の貿易額は、過去7年間で最高額となる約10億ドルとなったと伝えた。同時に同氏は、ウクライナとアゼルバイジャンは、2024年までにこの額を2倍にする目的を設置したと伝えた。同氏は、「私たちは、総合投資の規模と共通の大規模プロジェクトの数の拡大を望んでいる。それは、とりわけ、アゼルバイジャン企業の大建設計画(編集注:ウクライナのインフラプロジェクト)への参加だ」と発言した。

これに対して、アリエフ・アゼルバイジャン大統領は、「私たちは、あらゆる分野での協力の準備があり、それら全ての協力は私たちの強固な友情に基づいていることをもう一度繰り返したい」と発言した。

アリエフ氏は、ゼレンシキー大統領と食糧安全保障問題、とりわけ食料産業における共同企業の設立について協議したと伝えた。

さらにアリエフ氏は、エネルギー分野や石油加工分野について言及し、今後数か月中に政府間委員会会合が開催され、新しい決定が採択されるだろうとの確信を表明した。

また、アリエフ氏は、ゼレンシキー氏をバクーへの訪問に招待した。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-