ボレルEU上級代表、ウクライナへのハッカー攻撃を非難、支援を提案

ボレルEU上級代表、ウクライナへのハッカー攻撃を非難、支援を提案

ウクルインフォルム
ボレル欧州連合(EU)上級代表は、ウクライナの複数の政府系サイトに対して行われたハッカー攻撃を非難した。

14日、ボレル氏のコメントをロイター通信が報じた

ボレル氏は、仏ブレストでの記者からの質問に対して、「私たちはウクライナがそのサイバー攻撃の処理を支援すべく、私たちのあらゆるリソースを動員するつもりだ。残念ながら、私たちは、そのようなことが起き得ることを知っていた。(中略)(編集注:誰が背後にいるのか)述べるのは難しい。私は、誰も非難できない。なぜなら、私には証拠がないからだ。しかし、私たちはそれを想像することはできる」と発言した。

同氏は、EU政治安全保障委員会とサイバーグループが会合を開き、今回のサイバー攻撃後にどのようにウクライナを支援するかにつき協議を行うと伝えた。

これに先立ち、14日朝、夜間にウクライナの複数政府系サイトがハッカーによるサイバー攻撃を受け、サイト上の情報が閲覧できない状態となっていることが発表されていた。フェドロウ副首相兼デジタル移行相は、ウクライナ国民のデータは被害を受けていないと伝えている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-