プーチンが唯一理解する言語は「制裁」=ポーランド外務省

プーチンが唯一理解する言語は「制裁」=ポーランド外務省

ウクルインフォルム
ポーランドのヤブウォンスキ外務次官は、西側諸国はロシアとの協議の際に断固として行動し、また対露制裁強化の準備もしておかなければならないと指摘した。

11日、ヤブウォンスキ外務時間がポーランド・ラジオ出演時に発言した

ヤブウォンスキ氏は、「協議するなら、断固として行動すべきだ。(中略)もしロシアが自らの攻撃的行動を止めないのであれば、制裁は継続され、強化されねばならない。それ(制裁)は、プーチンが理解する唯一の言語だ」と強調した。

同氏はまた、西側諸国の間にはそのうち、ロシアの話に耳を傾けなければいけない、ロシアの立場を理解しなければいけないといった考えが出てくるだろうと述べつつ、しかしながら、ロシアが国際法に違反し続け、ウクライナ領の占領を続ける限りは、ロシアを合理的なパートナーとしてみなしてはならないとの見方を示した。

さらに同氏は、西側にとって重要なことは、ウクライナとの連帯に関する自らの義務を履行することだと指摘し、「ウクライナは2014年から、ほぼ8年間戦争状態にある。2014年時点と比べて(戦争の)烈度が下がっていようが、そこでは衝突が起きており、人が死んでいるのだ。私たちが、ウクライナの独立を支持し、保証していくことに義務を負ったのなら、プーチンが私たちを脅してきたからといって、その義務を放り出していいわけがない」と発言した。

同氏は、その西側の義務は最重要の問題であり、ポーランドやその他の中東欧諸国は、それが遵守されることを期待していると発言した。

写真:ポーランド外務省


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-