ウクライナ、18歳以上へのブースター接種開始

ウクライナ、18歳以上へのブースター接種開始

ウクルインフォルム
ウクライナ保健省は、6日から18歳以上を対象にコロナワクチンのブースター接種を始めている。

6日、保健省がフェイスブック・アカウントにて伝えた

保健省は、ワクチン接種完了後から6か月が経過した18歳以上の希望者全員に対して、コロナワクチンのブースター接種を受けることを認めたと発表した。

また同省は、ブースター接種にはmRNAワクチン(モデルナ及びコミルナティ/ファイザー)の仕様が優先されると説明している。中国科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製ワクチン「コロナバック」を接種した人には、ブースター接種はファイザーの接種を推奨すると伝えた。

同時に、mRNAワクチンが不在の場合には、許可されるその他のワクチンでのブースター接種も可能だとのこと。

ブースター接種を受けた場合、ワクチン接種証明書の期限は、接種日から270日間有効となる。証明書は、2022年1月末に官製ポータルサイト「ジーヤ」にて発行可能となる。

本件につき、10日、保健省のマリヤ・カルチェヴィチ次官は、1+1局出演時、ブースター接種は、ワクチン接種完了から6か月経過していれば、どこでも接種可能だと伝えた

同氏は、「6か月が過ぎている人なら、本人の希望あるいは、ホームドクターの招待で接種可能だ。接種ポイント、あるいは大規模接種センターにて申請できる。ウクライナには現時点で再接種、人々が3回目の接種を受けるのに十分な数のワクチンがある」と伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-