ゼレンシキー大統領「私たちはどんな軍も恐れない」

ゼレンシキー大統領「私たちはどんな軍も恐れない」

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、強力なウクライナ軍が国境を守っているため、ウクライナの人々はどんな外国軍も恐れることはない、と発言した。

ゼレンシキー大統領は、恒例の年末年始のあいさつの際に発言した

大統領は、「国内には私たちを恐れさせようとする人々がいた。そして、国外にもいた。しかし、国境の向こう側のどんな軍であれ、私たちを恐れさせることはできない。なぜなら、素晴らしい軍がこちら側で私たちを守っているからだ」と強調した。

さらに大統領は、現在ウクライナ軍には独立史上最大の予算が当てられていると発言しつつ、同時に、「しかし、私にとってそれは勝利ではなく、ノルマである。そうなった(編集注:国防予算が史上最高額になった)のは、そうでなければならないからだ。それは単に金銭があてがわれているというのではなく、尊厳を持って向き合っていることを意味する。物質的な話ではなく、人間的な価値の問題なのだ。なぜなら、命を代償に国を守っている人々を国家が守らなければ、その代償は国家自身の命となるのだから」と強調した。

その他大統領は、ウクライナ政府は初めて国営アントノウ社と共同で軍用機を建造しており、また英国とともに艦隊を、トルコとともに無人機とコルベットを建造しており、またミサイルは単独で開発していると発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-