ウクライナ大統領府、宇米首脳電話会談実施可能性にコメント

ウクライナ大統領府、宇米首脳電話会談実施可能性にコメント

ウクルインフォルム
ウクライナのニキフォロウ大統領報道官は、米露首脳電話会談後のあり得る米宇首脳電話会談につき、すでに存在するフォーマットの論理的継続だとコメントした。

30日、ニキフォロウ報道官がウクルインフォルムにコメントした。

ニキフォロウ氏は、「前回も、バイデン・プーチン(オンライン)会談の前に、ブリンケン氏がウクライナ大統領に電話し、『ウクライナ抜きでウクライナに関することは議論も決定もしない』ことを明言した。(米露首脳オンライン)会談後には、バイデン大統領がゼレンシキー大統領に電話し、その会談の内容について説明した上で、米国によるウクライナの領土一体性と主権への支持を明確にした。現在も同じように行われている。昨日、ゼレンシキー大統領とブリンケン米国務長官の対話が行われ、その際、とりわけ、今日のバイデン・プーチン会談についての話があった。その後、バイデン・ゼレンシキーの電話会談が行われるというのは、論理的である」と発言した。

同氏は、ホワイトハウス内の関係者が報道機関に対して発言したように、米宇首脳電話会談が近々行われる可能性は排除されないとしつつ、他方で、そのタイミング、フォーマットのみならず、電話会談が実施されるということ自体についても、今のところ認めることはできないとも発言した。

これに先立ち、29日、米政権高官がバイデン米大統領とゼレンシキー・ウクライナ大統領は、近く電話会談を行い、ロシア問題の協議を行うと発表していた

また、ホワイトハウスは、30日に米露首脳電話会談が行われ「ロシアとの今後の外交的協議を含む、様々な議題を」協議すると発表している。

29日、ブリンケン米国務長官は、ゼレンシキー宇大統領と電話会談を行い、米国によるウクライナの独立、主権、領土一体性への揺らがぬ支持を再確認している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-